ホーム > 玉井 宣行医師 業績

玉井 宣行医師 業績

業績

学歴
1990(H2)年3月 大阪星光学院高等学校卒業
1990(H2)年4月 金沢大学医学部医学科入学
1996(H8)年3月 金沢大学医学部医学科卒業
1999(H11)年4月 大阪大学大学院医学系研究科臓器制御医学専攻博士課程入学
2003(H15)年3月 大阪大学大学院医学系研究科臓器制御医学専攻博士課程卒業

職歴
1996(H8)年6月 大阪労災病院整形外科研修医
1998(H10)年7月 川崎病院整形外科医員
2003(H15)年4月 大阪大学医学部 整形外科研究生
2004(H16)年7月 大阪大学医学部付属病院 整形外科医員
2005(H17)年1月 河内総合病院 整形外科
2006(H18)年4月 独立行政法人国立病院機構大阪医療センター 整形外科
2007(H19)年7月 大阪大学大学院医学系研究科器官制御外科学(整形外科)特任助教
2008(H20)年11月 大阪大学大学院医学系研究科器官制御外科学(整形外科)助教
2010(H22)年4月 玉井整形外科内科病院 整形外科
2011(H23)年5月 玉井整形外科内科病院 理事長
2018(H30)年4月 玉井整形外科内科病院 膝関節センター長

資格
1996年(H8) 5月 医師免許取得
2003年(H15) 3月 医学博士号取得
2011年(H23) 3月 日本整形外科学会専門医
2016年(H28)10月 日本整形外科学会指導医

受賞歴
1.日本学術振興会 特別研究員;2002年4月-2004年3月
2.第20回日本骨代謝学会 低酸素状態による血管新生促進ケモカインSDF-1の誘導
優秀ポスター抄受賞2002/07/25~2002/07/27,P-067
3.第12回産学官連携功労者表彰「日本経済産業大臣賞」;2014年9月
強度と骨組織の入り込みやすさを同時に実現した人工骨を商品化
玉井宣行医師が開発・命名した人工骨NEOBONE®が受賞しました。

所属学会
日本整形外科学会
日本人工関節学会
日本リハビリテーション医学会
日本緩和医療学会
日本骨代謝学会

学術論文
英文論文
1.Nakase T, Miyaji T, Kuriyama K, Tamai N, Horiki M, Tomita T, Myoui A, Shimada K, Yoshikawa H. Immunohistochemical detection of parathyroid hormone-related peptide, Indian hedgehog, and patched in the process of endochondral ossification in the human. Histochem Cell Biol.2001;116(3):277-84
2. Tamai N, Myoui A, Tomita T, Nakase T, Tanaka J, Ochi T, Yoshikawa H. Novel hydroxyapatite ceramics with an interconnective porous structure exhibit superior osteoconduction in vivo. J Biomed Mater Res.2002;59(1):110-17
3. Miyaji T, Nakase T, Iwasaki M, Kuriyama K, Tamai N, Higuchi C, Myoui A, Tomita T, Yoshikawa H. Expression and distribution of transcripts for sonic hedgehog in the early phase of fracture repair. Histochem Cell Biol.2003;119(3):233-37
4. Ueda T, Oji Y, Naka N, Nakano Y, Takahashi E, Koga S, Asada M, Ikeba A, Nakatsuka S, Abeno S, Hosen N, Tomita Y, Aozasa K, Tamai N, Myoui A, Yoshikawa H, Sugiyama H. Overexpression of the Wilms’ tumor gene WT1 in human bone and soft-tissue sarcomas. Cancer Sci.2003;94(3):271-76
5. Ishii T, Ueda T, Myoui A, Tamai N, Hosono N, Yoshikawa H. Unusual skeletal metastases from myxoid liposarcoma only detectable by MR imaging. Eur Radiol.2003;13(4):185-91
6. Kaito T, Myoui A, Takaoka K, Saito N, Nishikawa M, Tamai N, Ohgushi H, Yoshikawa H. Potentiation of the activity of bone morphogenetic protein-2 in bone regeneration by a PLA-PEG/hydroxyapatite composite. Biomaterials.2005;26(1):73-79
7. Akita S, Tamai N, Myoui A, Nishikawa M, Kaito T, Takaoka K Yoshikawa H. Capillary vessel network integration by inserting a vascular pedicle enhances bone formation in tissue-engineered bone using interconnected porous hydroxyapatite ceramics. Tissue Eng.2004;10(5-6):789-95
8. Nishikawa M, Myoui A, Ohgushi H, Ikeuchi M, Tamai N, Yoshikawa H. Bone tissue engineering using novel interconnected porous hydroxyapatite ceramics combined with marrow mesenchymal cells: quantitative and three-dimensional image analysis. Cell Transplant.2004;13(4):367-76
9. Hamada K, Ueda T, Higuchi I, Inoue A, Tamai N, Myoi A, Tomita Y, Aozasa K, Yoshikawa H, Hatazawa J. Peripheral nerve schwannoma: two cases exhibiting increased FDG uptake in early and delayed PET imaging. Skeletal Radiol.2005;34(1):52-57
10. Hirao M, Sugamoto K, Tamai N, Oka K, Yoshikawa H, Mori Y, Sasaki T. Macro-structural effect of metal surfaces treated using computer-assisted yttrium-aluminum-garnet laser scanning on bone-implant fixation. J Biomed Mater Res A.2005;73(2):213-22
11. Hamada K, Myoui A, Ueda T, Higuchi I, Inoue A, Tamai N, Yoshikawa H, Hatazawa J. FDG-PET imaging for chronic expanding hematoma in pelvis with massive bone destruction. Skeletal Radiol.2005;34(12):807-11
12. Tamai N, Myoui A, Hirao M, Kaito T, Ochi T, Tanaka J, Takaoka K, Yoshikawa H. A new biotechnology for articular cartilage repair: subchondral implantation of a composite of interconnected porous hydroxyapatite, synthetic polymer (PLA-PEG), and bone morphogenetic protein-2 (rhBMP-2) .Osteoarthritis Cartilage.2005;13(5):405-17
13. Kishida Y, Hirao M, Tamai N, Nampei A, Fujimoto T, Nakase T, Shimizu N, Yoshikawa H, Myoui A. Leptin regulates chondrocyte differentiation and matrix maturation during endochondral ossification. Bone.2005;35(5):607-21
14. Hamada K, Ueda T, Tomita Y, Higuchi I, Inoue A, Tamai N, Myoui A, Aozasa K, Yoshikawa H, Hatazawa J. False positive 18F-FDG PET in an ischial chondroblastoma; an analysis of glucose transporter 1 and hexokinase II expression. Skeletal Radiol.2006;35(5):306-10
15. Nishikawa M, Ohgushi H, Tamai N, Osuga K, Uemura M, Yoshikawa H, Myoui A. The effect of simulated microgravity by three-dimensional clinostat on bone tissue engineering. Cell Transplant.2005;14(10):829-35
16. Fujii R, Ueda T, Tamai N, Myoui A, Yoshikawa H. Salvage surgery for persistent femoral nonunion after total knee arthroplasty using a megaprosthesis. J Orthop Sci.2006;11(4):401-04
17. Hirao M, Tamai N, Tsumaki N, Yoshikawa H, Myoui A. Oxygen tension regulates chondrocyte differentiation and function during endochondral ossification. J Biol Chem.2006;281(41):31079-92
18. Uchida N, Fukino S, Kodama W, Tamai N, Hiroe T, Fukata T. Large-cell carcinoma of the lung with a remarkable preoperative elevation of serum carcinoembryonic antigen level. Gen Thorac Cardiovasc Surg.2007;55(5):217-21
19. Hamada K, Tomita Y, Qiu Y, Tomoeda M, Ueda T, Tamai N, Hashimoto N, Yoshikawa H, Aozasa K, Hatazawa J. (18)F-FDG PET analysis of schwannoma: increase of SUVmax in the delayed scan is correlated with elevated VEGF/VPF expression in the tumors. Skeletal Radiol.2009;38(3):261-66
20. Yoshikawa H, Tamai N, Murase T, Myoui A. Interconnected porous hydroxyapatite ceramics for bone tissue engineering. J R Soc Interface.2009;6(3):341-48
21. Nakase T, Fujii M, Myoui A, Tamai N, Hayaishi Y, Ueda T, Hamada M, Kawai H, Yoshikawa H. Use of hydroxyapatite ceramics for treatment of nonunited osseous defect after open fracture of lower limbs. Arch Orthop Trauma Surg.2009;129(11):1539-47
22. Yamasaki N, Hirao M, Nanno K, Sugiyasu K, Tamai N, Hashimoto N, Yoshikawa H, Myoui A. A comparative assessment of synthetic ceramic bone substitutes with different composition and microstructure in rabbit femoral condyle model. J Biomed Mater Res B Appl Biomater.2009;91(2):788-98
23. Tamai N, Hashii Y, Osuga K, Chihara T, Morii E, Aozasa K, Yoshikawa H. Kaposiform hemangioendothelioma arising in the deltoid muscle without the Kasabach-Merritt phenomenon. Skeletal Radiol.2010;39(10):1043-46
24. Nishioka M, Tanemura A, Yamanaka T, Tani M, Miura H, Asakura M, Tamai N, Katayama I. Pilomatrix carcinoma arising from pilomatricoma after 10-year senescent period: Immunohistochemical analysis. J Dermatol.2010;37(8):735-39
25. Tamai N, Myoui A, Kudawara I, Ueda T, Yoshikawa H. Novel fully interconnected porous hydroxyapatite ceramic in surgical treatment of benign bone tumor. J Orthop Sci.2010;15(4):560-68
26. Nishioka M, Tanemura A, Yamanaka T, Umegaki N, Tani M, Katayama I, Takemasa I, Sekimoto M, Tomita K, Tamai N. A case of giant squamous cell carcinoma of the buttock possibly arose from syringocystadenoma and invaded to the rectum. J Skin Cancer.2011;2011:213406
27. Sugiyasu K, Nanno K, Tamai N, Hashimoto N, Kishida Y, Yoshikawa H, Myoui A. Radio-sensitization of the murine osteosarcoma cell line LM8 with parthenolide, a natural inhibitor of NF-kappaB. Oncol Lett.2011;2(3):407-12
28. Kawato Y, Hirao M, Ebina K, Tamai N, Shi K, Hashimoto J, Yoshikawa H, Myoui A. Nkx3.2-induced suppression of Runx2 is a crucial mediator of hypoxia-dependent maintenance of chondrocyte phenotypes. Biochem Biophys Res Commun.2011;416(1-2):205-10
29. Honda H, Tamai N, Naka N, Yoshikawa H, Myoui A. Bone tissue engineering with bone marrow-derived stromal cells integrated with concentrated growth factor in Rattus norvegicus calvaria defect model. J Artif Organs.2013;16(3):305-15

日本語論文
1. 玉井 宣行.結核性脊椎炎の治療中に胸壁カリエスを併発した1症例. 中部日本整形外科災害外科学会雑誌40(1):232-33,1997.
2. 玉井 宣行.短期間に再発を繰り返した膝関節色素性絨毛結節性滑膜炎の1例. 中部日本整形外科災害外科学会雑誌40(5):1309-10,1997.
3. 玉井 宣行.骨軟骨骨折を伴う外傷性膝蓋骨脱臼症例の検討. 中部日本整形外科災害外科学会雑誌41:177,1998.
4. 玉井 宣行,三岡 智規, 濱田 雅之, 山本 利美雄,堀部 秀二. 骨軟骨骨折を伴う外傷性膝蓋骨脱臼症例の検討. 中部日本整形外科災害外科学会雑誌41(6):1511-12,1998.
5. 玉井 宣行,名井 陽, 中瀬 尚長,冨田 哲也, 越智 隆弘,吉川 秀樹. 連通気孔を有するハイドロキシアパタイトの開発とin vivoにおける骨伝導能の検討. 日本骨代謝学会雑誌19(2):138,2001.
6. 吉川 秀樹, 名井 陽, 玉井 宣行, 吉岡 潔子, 伊藤 和幸. 【Tissue Engineering 幹細胞工学から医療工学へ】 BMPを用いた骨組織の再生 新規担体と活性促進薬の開発. 遺伝子医学5(4):621-25,2001.
7. 名井 陽, 古野 雅彦, 荒木 信人, 藤井 昌一, 冨田 哲也, 玉井 宣行, 越智 隆弘, 吉川 秀樹. 連通気孔構造を有する新規ハイドロキシアパタイトセラミックスの優れた骨伝導能 臨床使用成績とその経時的X線変化による評価. 臨床整形外科36(12):1381-88,2001.
8. 玉井 宣行, 名井 陽, 吉川 秀樹. 連通気孔を有するハイドロキシアパタイトの開発とin vivoにおける優れた骨伝導能. 移植37(2):74,2002.
9. 玉井 宣行, 西川 昌孝, 名井 陽, 吉川 秀樹. 【オステオポローシスの診療】 新治療法への期待 新規人工骨の開発と骨組織のtissue engineeringの試み. 関節外科21(10):1272-78,2002.
10. 吉川 秀樹, 名井 陽, 玉井 宣行, 西川 昌孝, 海渡 貴司. 再生医学 基礎研究から臨床応用へ 骨・軟骨の再生医学. ゲノム医学2(6):651-56,2002.
11. 西川 昌孝, 大串 始, 名井 陽, 池内 正子, 玉井 宣行, 吉川 秀樹. 連通多孔体ハイドロキシアパタイトを用いた間葉系幹細胞導入hybrid人工骨の作成. 移植38(2):160,2003.
12. 中原 一郎, 玉井 宣行, 名井 陽, 上田 孝文, 吉川 秀樹, 冨田 裕彦. 診断・治療に難渋した左足背部軟部肉腫の1例. 中部日本整形外科災害外科学会雑誌46(2):347,2003.
13. 菅野 伸彦, 名井 陽, 笹間 俊彦, 山梨 亘, 佐藤 嘉伸, 西井 孝, 三木 秀宣, 玉井 宣行, 上田 孝文, 田村 進一, 吉川 秀樹, 越智 隆弘. ナビゲーションによる最小侵襲骨盤類骨骨腫切除の試み. 日本コンピュータ外科学会誌4(3):201-02,2002.
14. 玉井 宣行,名井 陽, 荒木 信人, 秋田 鐘弼, 中瀬 尚長, 海渡 貴司, 村瀬 剛, 上田 孝文, 越智 隆弘, 吉川 秀樹. 【高度骨欠損を伴う骨・関節疾患に対する骨補填材料】 新規全気孔連通型HA多孔体NEOBONEを用いた骨欠損に対する治療. 関節外科23(2)256-63,2004.
15. 吉田 礼徳, 名井 陽, 上田 孝文, 玉井 宣行, 吉川 秀樹. 右腸骨悪性骨腫瘍と鑑別を要した骨盤内血腫の1例. 中部日本整形外科災害外科学会雑誌47(1):177,2004.
16. 秋山 慶輔, 村瀬 剛, 森友 寿夫, 後藤 晃, 岡久 仁洋, 海渡 貴司, 玉井 宣行, 名井 陽, 菅本 一臣, 吉川 秀樹. 3D CADで成形した人工骨を用いた前腕矯正骨切り術の1例. 中部日本整形外科災害外科学会雑誌47(3):601,2004.
17. 濱田 健一郎, 樋口 一郎, 畑澤 順, 井上 敦夫, 玉井 宣行, 名井 陽, 上田 孝文, 吉川 秀樹. 神経鞘腫に対するFDG-PET. 核医学41(2):170,2004.
18. 西川 昌孝, 大串 始, 名井 陽, 池内 正子, 玉井 宣行, 吉川 秀樹. 骨髄間葉系細胞を利用した骨再生におけるporous HA scaffoldの検討. 移植39(3):349,2004.
19. 玉井 宣行, 名井 陽, 高岡 邦夫, 吉川 秀樹. 連通多孔体HA/PLA-PEG/rhBMP-2コンポジットによる関節軟骨再生. 移植39(3):353,2004.
20. 平尾 眞, 玉井 宣行, 名井 陽, 吉川 秀樹. 多分化能間葉系細胞の軟骨細胞分化に対する酸素分圧の影響. 移植39(3):357,2004.
21. 名井 陽, 菅野 伸彦, 小山 毅, 山梨 亘, 玉井 宣行, 上田 孝文, 吉川 秀樹, 越智 隆弘. 骨盤類骨骨腫に対するナビゲーションを利用した.切除術. 整形外科55(11):1466-67,2004.
22. 上田 孝文, 名井 陽, 玉井 宣行, 荒木 信人, 中 紀文, 橋本 伸之, 久田原 郁夫, 青野 勝成, 吉川 秀樹. 骨軟部腫瘍治療の現状と近未来 軟部肉腫に対する化学療法の現況. 日本癌治療学会誌39(2):259,2004.
23. 玉井 宣行, 名井 陽, 橋本 英雄, 西川 昌孝, 藤井 昌一, 中瀬 尚長, 橋本 淳, 上田 孝文, 越智 隆弘, 吉川 秀樹. 【骨・軟骨破壊の分子機構から修復再生に向けて】 人工骨材料と骨・関節修復 新規全気孔連通型HA多孔体NEOBONEを用いた骨・関節修復. 分子リウマチ1(2):107-12,2004.
24. 秋田 鐘弼, 河井 秀夫, 玉井 宣行, 名井 陽, 西川 昌孝, 海渡 貴司, 吉川 秀樹. 人工骨への血管束移植による人工骨気孔内血管ネットワークの構築と骨再生の促進. 移植40(1):72,2005.
25. 葉山 悦伸, 上田 孝文, 玉井 宣行, 名井 陽, 吉川 秀樹. 右第2中手骨に発生した稀な軟骨肉腫の1例. 中部日本整形外科災害外科学会雑誌48(1):192,2005.
26. 名井 陽, 玉井 宣行, 荒木 信人, 藤井 昌一, 冨田 哲也, 古野 雅彦, 吉川 秀樹. 各種人工骨の臨床応用と問題点 連通気孔構造を有するハイドロキシアパタイト人工骨の臨床応用 物理学的特性・臨床的特徴・問題点. 日本整形外科学会雑誌80(5):262-69,2006.
27. Uchida Naotaka; Fukino Shunsuke; Kodama Wataru; Tamai Nobuyuki; Hiroe Tohru; Fukata Tamito. 術前に血清中の癌胎児性抗原が著明に上昇した大細胞肺癌(Large-cell carcinoma of the lung with a remarkable preoperative elevation of serum carcinoembryonic antigen level). General Thoracic and Cardiovascular Surgery.55(5):217-21,2007.
28. 玉井 宣行, 名井 陽, 吉川 秀樹. 整形外科的基本技術 材料・用具編 人工生体材料(人工骨). Journal of Clinical Rehabilitation. 17(3):260-65,2008.
29. Kawamura Y, Lee S, Gohda Y, Tamai N, Yamada H, Takeda C. パラグアイへの早期日本人移民の人的資源と社会資源に関する研究と、移民者による妊娠、分娩、育児の経験(Research into the Human/Social Resources of Early Japanese Migrants to Paraguay and their Experiences of Pregnancy, Delivery and Child Care). 国際保健医療23(2):98,2008.
30. 名井 陽, 山崎 直美, 玉井 宣行, 橋本 伸之, 村瀬 剛, 吉川 秀樹. 人工臓器 最近の進歩 セラミックス人工骨の進歩. 人工臓器37(3):158-62,2008.
31. 西岡 めぐみ, 山中 隆嗣, 種村 篤, 谷 守, 片山 一朗, 玉井 宣行, 三浦 宏之. 10年の経過後に急速な増大を示したPilomatrix carcinomaの一例. 日本皮膚科学会雑誌119(4):770,2009.
32. 山崎 直美, 杉安 謙二郎, 南野 勝彦, 玉井 宣行, 橋本 伸之, 坂本 美知子, 名井 陽, 吉川 秀樹. 連通多孔体人工骨(HA及びβTCP製)の海綿骨欠損部移植術後の画像的、力学的、組織学的比較検討. 移植44(1):142-43,2009.

33.黒田 泰生, 名井 陽, 菅野 伸彦, 玉井 宣行, 橋本 伸之, 吉川 秀樹. Navigation systemを用いて骨盤軟骨肉腫の切除・再建を行った1例. 中部日本整形外科災害外科学会雑誌 53(2):478,2010.

34. 玉井 宣行, 名井 陽, 吉川 秀樹. 【骨・軟部腫瘍 先端的研究と臨床の現況】 治療 手術的治療 骨腫瘍に対する新世代人工骨を用いた骨再生医療. 整形外科61(8):873-80, 2010.
35.大西恵,玉井宣行,名井陽,吉川秀樹.ヒト骨髄由来間葉系幹細胞(hMSC-hTERT-E6E7)における骨形成因子(BMP2)の応答性にはMAPK経路が関係している.移植45(3):304-05,2010.
36. 野村 元成, 大植 孝治, 上原 秀一郎, 山中 宏晃, 吉田 寿雄, 太田 秀明, 玉井 宣行, 福澤 正洋. 骨髄転移および腋窩リンパ節転移を来した前腕原発横紋筋肉腫の1例. 小児がん 47:299,2010.
37. Nishioka M, Tanemura A, Yamanaka T, Tani M, Miura H, Asakura M, Tamai N, Katayama I. 老年期の10年間を経て毛母腫から発生したpilomatrix carcinoma 免疫組織化学的解析(Pilomatrix carcinoma arising from pilomatricoma after 10-year senescent period: Immunohistochemical analysis). The Journal of Dermatology 37(8)735-39,2010.
38. 西岡 めぐみ, 山中 隆嗣, 種村 篤, 谷 守,片山 一朗, 竹政 伊知郎, 関本 貢嗣, 冨田 興一, 玉井 宣行, 井上 和則, 長澤 康行. 腫瘍切除により血清Ca、G-CSF、PTHrP値が正常化した臀部巨大有棘細胞癌の1例. 日本皮膚科学会雑誌 121(5):917-18,2011.
39. 荒木 信人, 中 紀文, 城山 晋, 濱田 健一郎, 田中 太晶, 角永 茂樹, 久田原 郁夫, 上田 孝文, 竹中 聡, 玉井 宣行, 南野 勝彦, 杉安 謙仁朗, 橋本 伸之, 名井 陽, 吉川 秀樹, 青木 康彰, 森 茂樹, 藤本 哲穂, 外堀 司, 小畠 秀人, 倉都 滋之, 松峯 昭彦, 内田 淳正, 濱田 秀樹. 悪性骨・軟部腫瘍治療後の長期的問題点 腫瘍用人工膝関節置換術後の長期的問題とその対策. 日本整形外科学会雑誌85(4):202-07, 2011.
40. 大植 孝治, 上原 秀一郎, 野村 元成, 福澤 正洋, 玉井 宣行, 太田 秀明. 【小児がんにおける外科治療】 大学病院のtumor boardにおける小児外科医の立場. 小児外科 43(5)467-70,2011.
41. 若松 透, 上田 孝文, 角永 茂樹, 久田原 郁夫, 中 紀文, 荒木 信人, 玉井 宣行, 橋本 伸之, 名井 陽, 吉川 秀樹. 骨外性骨肉腫に対する系統的治療の有用性の検討. 臨床整形外科46(8):729-36, 2011.
42. 永田 尚子, 種村 篤, 田中 かおる, 矢島 智子, 谷 守, 片山 一朗, 玉井 宣行, 沢端 章好. 初診時に肺転移を生じていた下腿巨大熱傷瘢痕癌の1例 当科でこれまで経験した瘢痕癌との臨床的比較検討. 皮膚の科学 10(4):298-304,2011.
43. 本田 博嗣, 玉井 宣行, 橋本 伸之, 吉川 秀樹, 名井 陽. Concentrated growth factors(CGF)を用いた骨再生. 移植47(2-3):245, 2012.
44. 坂田 仁郎, 北野 岳史, 小島 博嗣, 檀上 茂人, 谷口 隆哉, 玉井 宣行, 嶋 公大, 玉井 丈博. chronic recurrent multifocal osteomyelitis(CRMO)の一例. 和歌山医学63(4):186-87,2012 2012.
45. 玉井 宣行.人工骨移植の現状と展望 連通多孔体ハイドロキシアパタイト移植. 臨床整形外科 50(10):943-50,2015.