ホーム > 人工関節部門
4023

人工関節部門

患者様との信頼関係を尊重し患者様の意思を大切にします
いきなり人工関節を医師からすすめられて素直に受けようと思われる方は少ないと思います。
そこでわれわれは、リハビリテーションでなるべく手術をしなくてすむような手術回避リハビリテーションプログラムを作成した上で、外来通院リハビリテーションを行います。それでも膝の痛みが改善されない場合は、患者様の状態・活動性を考慮し膝関節の温存が可能な骨切り術や、変形が強く骨切り術の適応が無い患者様の場合は、優れた除痛効果が期待できる人工関節手術をおすすめしています。
当部門では、患者様とじっくりとお互いの信頼関係を築けるまでお話するよう心がけております。手術に対しての不安については患者様の病状を詳しく説明させていただいた上で、入院中のリハビリや術後の生活の様子を説明することで、抱えていらっしゃる不安が解消することも多くあります。
手術を受けられるかどうかお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

人工膝関節手術前、手術後の歩行動画紹介



膝関節センターの取り組み

「手術に対する不安、手術後の不安、生活の不安」その他、病院の取り組みを知りたいとの患者様の声にお応えして、手術担当・病棟担当・外来担当の看護師による座談会を開催しました。詳しくはこちらをご覧下さい。

人工膝関節置換術について

人工膝関節置換術(Total Knee Arthroplasty:TKA)とは
人工膝関節置換術(TKA)は、膝関節面の擦り減った軟骨部、傷んだ骨を切除します。大腿骨側と脛骨側には金属製のインプラントを設置して、ポリエチレンでできたインサートを取り付け、関節面全てを人工の関節に置き換える手術で優れた除痛効果を発揮する手術法です。
単顆型人工膝関節置換術(Unicompartmental Knee Arthroplasty:UKA)とは
単顆型人工膝関節(UKA)は、痛んでいる部分(主に内側がわ)だけを人工の関節に置き換える手術法で、TKAとは違い痛んでいる片側の関節面のみを人工の関節に置き換えますので、その他の膝関節の温存が可能です。また前十字靭帯(ACL)と後十字靭帯(PCL)は温存しますので、膝関節の生理的な動きが期待できます。

手術に伴う合併症
緩み・破損・摩耗:加齢とともに骨が脆くなり人工関節を支える土台(骨)が弱くなると、固定性が悪くなり緩みが生じ摩耗する事があります。
感染:術後に細菌感染を起こすことが稀にあります。感染は抗生物質を投与し治療しますが深刻な場合は人工関節を抜去する場合があります。
深部静脈血栓症:血栓が出来てしまうと、血流が悪くなり足がむくんだり痛くなる事で術後の歩行能力や膝関節機能の回復が遅れる事もあります。
血管損傷:膝窩動脈、膝窩静脈の損傷
一過性神経障害:術後、稀に異常知覚や感覚低下、運動障害などの症状が出る場合があります。

術後の疼痛管理

当院では麻酔科専門医により、硬膜外ブロックやエコー下大腿神経ブロックなどを併用し、術後の疼痛緩和に努めています。

術後のリハビリテーション

手術後は、リハビリテーション部門と密に連携して取り組んでいます。
詳しくはリハビリテーション部門、こちらをご覧下さい