ホーム > TOPICS > 高出力非常発電装置を新規増設しました

高出力非常発電装置を新規増設しました

[ 2020年10月09日 ]

2018年台風21号は大阪を直撃し、関空をはじめ広範囲に停電など多大な被害をもたらしました。当院も全館の半分が停電し、当時入院中の患者様にご心配とご不便をおかけしました。この経験を踏まえ非常時の電力維持を必須課題としました。

台風14号が近づく本日、4000Lのタンクを備えた非常発電装置を新規増設しました。停電時でも手術の継続、透析の継続、電子カルテを含めた病棟機能の維持ができるようになります。将来にわたって使わないことを祈りつつ、玉井病院は非常時にも対応できる体制を整えていきます。

10月11日日曜には非常発電装置の初回稼働試験のため全館が一時的に停電します。綿密な計画の上での試験で、安全に治療が継続できるように徹底します。ご不便をお掛けしますが何卒ご理解のほどよろしくお願いします。

非常発電機