各部門のご案内

薬剤部

内服調剤

illust005医師からオーダーされる処方箋の内容について、飲み合わせの悪いお薬がないか、量が適切か、他の科とお薬が二重で処方されていないかなどを確認し、個々の患者様に適した形で調剤を行っています。
また、患者様が服薬(使用)する上で必要な情報を提供しております。窓口にて患者様からのお薬に関するご相談にも応じます。

注射薬調剤

注射剤とは内服・外用薬と異なり、緊急使用の頻度が高く、投与変更が多く、混合後は安定性が悪く監査判別も難しい薬剤です。
処方から投与まで複数の医療従事者が関わり、投与速度や、チューブへの吸着など器具の知識も必要であるなど、リスクマネジメントの必要性があります。
注射剤の有効性と安全性の確保に努めています。

薬品管理

病院の中で使用されるほとんど全ての医薬品(内用薬、外用薬、注射薬)を、納入業者(薬問屋)から購入します。
医薬品の納品時には、検収を行い、薬品名、規格、包装単位などの確認、使用期限などをチェックしています。
また医薬品の購入費、在庫金額、使用金額などを管理しています。
必要な医薬品が病院内に在庫されてないと、診療や治療に支障をきたす場合があります。その為、ある程度の在庫は常に確保しています。

医薬品情報管理

薬についての様々な情報を日常の薬剤業務に役立てたり、医師や看護師などの医療スタッフに提供するために、情報を収集したり、その情報を分かりやすく整理・保管しています。
そしてこれらを通じて、良質で適正な薬による治療が行われることや、医療が向上し、効率化できることなどを目的としています。

病棟業務

与薬を受けた入院患者様の希望があった場合、その専門知識を基に薬物治療について説明を行っています。
医師処方支援、副作用未然防止など患者様の安全性に寄与しています。
院内感染防止対策チーム(ICT)や褥瘡委員会に参加し、医薬品の適正使用に努めています。

薬局内の様子
yakuzai_img02
yakuzai_img03