ホーム > 各部門のご案内 > 膝・スポーツ整形外科
4023

膝・スポーツ整形外科部門

当部門では、スポーツ障害・外傷に対して、リハビリテーション部とも連携し、まずは運動療法等の保存的治療で改善を目指し、手術以外に改善が見込めない場合には手術療法を行っています。
手術治療の際には、組織へのダメージを最小限にするために、関節内の処置に対しては関節鏡を用いて行います。
関節鏡を用いた手術は、1cm程度の皮膚切開から内視鏡のようなカメラを関節の中に入れて行う手術で、小侵襲であるだけでなく通常では見えにくい場所もきっちり観察して治療が出来る利点もあります。スポーツ整形外科が手術を行う代表的な膝関節疾患としては前十字靭帯損傷、半月板損傷、軟骨損傷、反復性膝蓋骨脱臼などがあります。
また、当院では行えないような特殊なスポーツ疾患については阪大スポーツクリニックや他の専門クリニックの医師とも連携して治療を行なっています。
0920

前十字靭帯(ACL)損傷

前十字靭帯(ACL)は一度断裂すると自然治癒する可能性は極めて低く、手術療法が選択されます。手術は自分の腱を移植して前十字靭帯を作り直す再建術が一般的な方法で、手術の際には関節鏡を用います。
当院では、前十字靭帯損傷に対して、ハムストリング腱もしくは骨付き膝蓋腱を患者様の状況に応じて使い分け、また本来の靭帯付着部に腱を移植する解剖学的前十字靭帯再建術を行なっています。正確な再建手術を行うことが術後成績を良くする上でとても重要です。また、半月板損傷や関節軟骨損傷の合併損傷がある場合には同時に半月板や関節軟骨に対する処置も行います。半月板損傷については可能な限り縫合術を行いますが、損傷程度が強く縫合不可能と判断した場合には切除術を行います。
入院期間は約3-4週間となります。手術翌日から車椅子を用いて病棟内の移動は可能となり、慣れれば松葉杖歩行も可能です。

通常の前十字靭帯再建術リハビリテーションプログラム
〜術後2週:膝関節装具(knee brace)固定、患肢免荷(体重をかけない)
術後2週〜:可動域訓練開始、患肢1/3部分荷重(体重の1/3)開始
術後3週:患肢2/3部分荷重(体重の2/3)開始
術後4週:全荷重歩行開始
術後3ヶ月:ジョギング
術後4ヶ月:ダッシュ、ジャンプ
術後5ヶ月:カット動作
術後6ヶ月以降、状態を見ながらスポーツ復帰
*半月板損傷・軟骨損傷がある場合には、損傷形態・治療方法によってプログラムは変わります。

半月板損傷

半月板損傷に対して、保存療法にて痛みや引っかかり感が改善しない場合や、または損傷形態により保存療法では症状軽快が望めない場合には手術療法を選択します。手術療法には①半月板縫合術②半月板切除術があります。
また、変形性膝関節症に伴っているものに関しては膝周囲骨切り術を行うことが症状の改善にもつながり、膝関節機能温存に適している場合があります。詳しくは→こちら

①半月板縫合術
損傷した半月板に糸をかけて縫合します。断裂形態によっていくつかの縫合方法があり、最適な方法を選択して縫合します。半月板は縫合した後治癒するまでに時間がかかるため、リハビリテーションおよびスポーツ復帰までに時間がかかります。
0927
通常の半月板縫合術リハビリテーションプログラム
〜術後2週:膝関節装具(knee brace)固定、患肢免荷(体重をかけない)
術後2週〜:可動域訓練開始、患肢1/3部分荷重(体重の1/3)開始
術後3週:患肢2/3部分荷重(体重の2/3)開始
術後4週:全荷重歩行開始
術後3ヶ月:ジョギング
術後4ヶ月:ランニング、ダッシュ、ジャンプ
術後6ヶ月以降、状態を見ながらスポーツ復帰
*あくまでも目安ですので、損傷形態・縫合方法によってプログラム・スポーツ復帰時期は変わります。

②半月板切除術
半月が損傷してから時間が経っている場合等には半月板が変性して質が悪くなっていることがあります。変性した半月板は治癒能力が極めて低いため、縫合術を行っても治癒する可能性が低く、このような場合、通常は切除術が第1選択になります。切除術を行った場合、術後数日から歩行訓練を開始し、術後1週程度で歩行が安定すれば退院可能となります。切除術は短期間で入院治療が済みますが、時間の経過とともに関節軟骨の損傷が進行し、長期的には変形性膝関節症に至る可能性があります。膝周囲骨切り術と併用して行う場合もあります。詳しくは→こちら

反復性膝蓋骨脱臼

膝を捻った時に膝蓋骨(おさらの骨)が大腿骨から外れる(脱臼)ことを膝蓋骨脱臼といいます。
脱臼しやすい原因がある人は不安感が強く日常生活でも脱臼(反復性脱臼)することがあります。脱臼を繰り返すと膝の軟骨が損傷して骨が変形してしまうことがあります。保存療法は装具を用いて脱臼を予防しますが、装具で不安定性を確実に抑えることは困難とされており、スポーツ活動の継続は勧められていません。再脱臼予防には手術療法が有効な治療とされており、様々な治療法がありますが、自分の腱を移植して損傷した内側膝蓋大腿靭帯を作り直す(内側膝蓋大腿靭帯再建術)方法を行うことが多いです。

アキレス腱断裂

アキレス腱断裂の患者さんは、当院ではスポーツ活動や重労働をされる患者さん、ギプス固定期間を短くしたい場合には手術加療を行っています。これまで、アキレス腱修復術後のスポーツ復帰については医師の経験に基づいて判断されていましたが、当院では術後のアキレス腱の修復状態を超音波検査にて確認しながら、スポーツ復帰の目安にしています。超音波検査を用いたアキレス腱修復状態の評価については当院、平松医師が執筆した論文が英文雑誌に掲載されています。
Hiramatsu K,Tsujii A,Nakamura N,Mistuoka T.Ultrasonographic evaluation of the early healing process after Achilles tendon repair.Ortop J Sports Med 2018 Aug 13;6(8)e-pub.)。
0955
通常のアキレス腱修復術リハビリテーションプログラム
〜術後2週:下腿ギプス固定
術後2週:ギプス除去して足底板装具装着し、荷重歩行訓練開始
術後8週:装具除去、爪先立ち訓練開始
術後4週:全荷重歩行開始
術後3ヶ月:ジョギング
術後4ヶ月:ランニング
術後6ヶ月以降、超音波検査で修復状態を見ながらスポーツ復帰
※あくまでも目安です。

ドクタープロフィール

hiramatsu1030

平松医師 業績

業績のリンクはこちらから