ホーム > 各部門のご案内 > リハビリテーション室
各部門のご案内

リハビリテーション室

病院併設で、デイケアセンターも開設しています!詳しくはコチラ

ごあいさつ

rihabiri_staffリハビリテーション室には理学療法士6名、作業療法士2名、言語聴覚士1名が在籍しており、医師の指示の元で各専門職がそれぞれの患者様に最適と考えられるリハビリテーションを提供しております。 リハビリテーションを受けられる患者様は、その原因は様々ですが、「動作ができない」や「痛みがあるためつらい」など、快適な日常生活を阻害する要因をお持ちです。 当リハビリテーション室におきましては、ひとりひとりの患者様の動作や状態を観察・分析し、動作の阻害要因や痛みの原因に対して治療をさせて頂きます。 また、入院患者様に対しては必要であれば退院前にご自宅へ訪問させて頂き、日常生活に戻られてからも、出来るだけ快適で負担の少ない毎日を過ごしていただけるように、環境設定や日常生活動作の指導もおこなっております。 少しでも患者様のお力になれるように、スタッフ一同頑張りますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

リハビリ診療時間
外来診療(予約制) 入院診療
月~土曜日  :9:00~12:00(受付終了11:30) 月・水・木曜日:16:00~19:00(受付終了18:30) 9:00~17:00(主に午後から)

※物理療法のみの患者様は、予約不要です。

施設基準
脳血管リハビリテーションⅡ 運動器リハビリテーションⅠ
特色

理学療法(Physical Therapy:PT)

rihabiri_img01患者様の基本的動作能力(立つ、歩く、座る、寝返る、起き上がるなど)の回復を促す治療を実施します。 対象疾患は、骨折や関節の変形などの整形外科疾患、脳出血や脳梗塞などの中枢神経疾患です。 当院では、骨折・変形性関節症やそれらに対する術後の患者様が多いですが、中枢神経疾患に対しても障害部位を無理なく、効率よく働かせて日常生活機能を再獲得させるボバース概念に沿った治療を中心に実施しております。

作業療法(Occupational Therapy:OT)

身体または精神に障害を有する患者様の日常生活での応用動作(ボタンをとめる、箸で食べるなど)の回復を促す治療を実施します。また、リウマチや脳血管障害の患者様に対し、自助具の紹介や作成も行います。

物理療法

【温熱療法】 ホットパック 【寒冷療法】 アイスパック 【電気治療】 SSP、低周波
【水治療法】 渦流浴(上肢・下肢) 【牽引療法】 介達牽引(頚部・腰部) 【その他】 ローラーベッドなど

設備器具など

自転車エルゴメーター 傾斜台 平行棒
肋木 滑車運動器
取り組み

脳卒中地域連携パス(泉州版)、和歌山日赤・労災病院合同大腿骨地域連携パスに参加しております。

実績

知識や治療技術の向上のため、研究発表などを行っております。

2013年5月 第48回 日本理学療法学術大会 発表
2013年9月 The 6th WCPT-AWP & 12th ACPT Congress 2013(アジア学会) 発表
2015年7月 第27回 大阪府理学療法学術大会 発表 (高田・伊藤)
スタッフ紹介
氏名 職種 資格等
高田 毅 PT ボバース概念基礎講習会、上級者講習会受講
田幡(伊藤) 紀代香 PT
中尾 祐基 PT
川尻 大 PT
安岡 慶 PT
山本 貴代 PT
佐藤 正英 OT
阿形 佳樹 OT
木原 成彰 ST
スタッフの声
理学療法士(1年目)

入職の決め手

実習に来て、職員の人柄が気に入りオペ後の患者様にも接する機会が多いと感じ入職しました。 また、組織が大きすぎず風通しもいいので、コミュニケーションが取りやすいと感じています。

特徴

医師、看護師がやさしく病棟での様子を親切に教えていただける点が特徴です。

ここがいい!

急性期から一般、療養といった様々なタイプの患者様に携われ、様々なことを学べる点がいいです。

理学療法士(4年目)

働きやすい職場

新卒で入職した職員です。入職当初からあたたかく迎えていただき、とても働きやすい職場で、この病院でよかったと感じています。また、医師、看護師との垣根がないのでコミュニケーションもとても取りやすく、オペ内容等詳しく教えて頂けるなど、患者様について気さくに話せるような風通しのいい環境だと思います。それ以外にも、勤務時間に関しては残業もほとんどなく時間通り帰れる為、予定を組みやすく、ワークライフバランスが取りやすい点が気に入っています。さらに、明るく、マイルドな職場風土のため、のびのびとお仕事をすることができて、楽しいですね。

学ぶことができる職場

当病院では整形外科の術後患者も多く、さまざまな状態の患者がいるため、とても勉強になります。医師や部門スタッフと、施術上でのポイントや注意点を相談したり、今後の目標について、話せる環境にあり、自己研鑽できるので、まだ入職して数年の自分にとっては、非常にうれしい職場でもあります。

仕事上で意識しているポイント

私は患者様とのコミュニケーションを重視し、様々なご意見やご不満を聞くことを大切にしています。たとえば、出勤時にはまず入院患者様の様子を見に行くことを心がけています。「今日のお加減はどうですか?」、「昨日のリハビリ後、体調に変化はありませんでしたか?」 と、患者様に言葉をかけることで、さまざまなフィードバックをいただくことができ、柔軟にその後のリハビリ内容に反映するようにしています。また、患者様の状況把握も大切なお仕事の一つですから、積極的に看護師などに病棟での様子などを聞くなど、事前の情報収集にも努めています。