ホーム > 各部門のご案内 > 膝関節センター
4023

<再び歩くことの喜びを>を共感できるように

中高年シニア世代のなかには、膝の痛みを抱えている方がたくさんおられると思います。一概に膝の痛みといっても「好きなスポーツができなくなった」「正座ができなくなった」「買い物に行けなくなった」「痛くて眠れない」など悩みはそれぞれです。膝の痛みによって何に困っているか?また、治療によって何を目指すのか?という患者様に寄り添うことを念頭におきながら治療法を組み立てております。
例えば、膝関節のクッションの役割をしている軟骨や半月板が痛んでいる状態の場合、まずはできるだけ手術をせずに、湿布薬や痛み止めを工夫したり、サポーターなどの装具療法を試してみたり、膝関節内への注射を試してみたりするのが一般的です。それと同時に簡単な自宅でできるようなストレッチや筋力トレーニングを紹介し、膝への負担を軽減し、膝の痛みを軽くするアドバイスをさせていただきます。これにより多くの方は痛みが楽になり、普通の生活ができるようになります。しかしながら、これらを根気強く継続していただいても膝の痛みが良くならない場合は、ご自身の骨や関節を温存する骨きり術や人工の関節で置き換える手術を提案させていたく場合もあります。
以上のように、その患者様のニーズに答え患者様おのおのにあった治療で、再び歩くことの喜びを取り戻していただきたく、膝関節センターを開設させていただきました。

膝関節センターの特徴

患者様との信頼関係を尊重し患者様の意思を大切にします

いきなり人工関節を医師からすすめられて素直に受けようと思われる方は少ないと思います。
そこでわれわれは、リハビリテーションでなるべく手術をしなくてすむような手術回避リハビリテーションプログラムを作成した上で、外来通院リハビリテーションを行います。

それでも膝の痛みが改善されない場合は、患者様の状態・活動性を考慮し膝関節の温存が可能な骨切り術や、変形が強く骨切り術の適応が無い患者様の場合は、優れた除痛効果が期待できる人工関節手術をおすすめする場合があります。

以上のように当センターでは、患者様とじっくりとお互いの信頼関を築けるまでお話するよう心がけております。手術に対しての不安については 患者様の病状を詳しく説明させていただき いくつかの手術方法を提案させていただいた上で 入院中のリハビリや術後の生活の様子を説明することで、抱えていらっしゃる不安が解消することも多くあります。手術を受けるかどうかお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

幅広い手術方法を提案できます

人工膝関節置換術(TKA)
擦り減った軟骨部を切除して、金属やポリエチレンでできた人工の関節に置き換える手術で、優れた除痛効果を発揮します。

膝周囲骨切り術(HTO)
自分のすねの骨(脛骨)を切ってO脚を矯正することにより、きれいな軟骨の存在する外側に体重移動させる手術で、膝関節の温存が可能となります。

手術後の疼痛管理

当院では麻酔科専門医により、硬膜外ブロックやエコー下大腿神経ブロックなどを併用し、術後の疼痛緩和に努めています。

膝関節の長期的なメンテナンスを提供します

illust001手厚い手術後のリハビリテーション
長期入院可能な病床11床あり
リハビリテーション室との定期カンファレンス

手術風景

main_naika

外来担当表

main_naika

ドクタープロフィール

main_naika